医薬品・サプリメントの科学的レビュー

Filter By Keyword
Filter By Category
Sort Reviews
当サイトの評価ユーザーの評価 (5)
クレアチンの効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

クレアチンは、急速にエネルギー(ATP)を生成して、細胞の機能をサポートする化合物です。筋肉と脳内に存在し、筋力や運動能力を向上させ、脳神経を保護する特性が示されています。クレアチンはよく研究されており、ほとんどの人にとってはかなり安全です。

当サイトの評価ユーザーの評価 (5)
ベルベリンの効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

ベルベリン(Berberine)は様々なハーブから抽出される化合物です。補給によりいくつかの医薬品の効能に匹敵する抗糖尿病効果が示されています。

当サイトの評価ユーザーの評価 (3)
アムラ(ユカン)の効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

アムラ(ユカン、アンマロク、Phyllanthus emblica、Emblica officinalis)は、予防や治療の目的で使用される果物やそれ以外の部分もアーユルヴェーダとして使用されるハーブです。グルコース代謝や心臓の健康を調節するために使用されており、神経保護作用も示唆されています。

当サイトの評価ユーザーの評価 (0)
記憶力改善?アサガオカラクサの効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

アサガオカラクサ[Evolvulus alsinoides]は、インドのアーユルヴェーダでシャンカプシュピと呼ばれる4種のハーブの1つであり、伝統的には、向知性および精神安定作用のためにで使用されてきました。ラットの研究では、記憶力の改善に対してピラセタムに匹敵する効力を持つ可能性が示唆されていますが、実際にどの成分が活性物質で人間でも効果があるのかについての研究は行われていません。

当サイトの評価ユーザーの評価 (0)
インド乳香の効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

インド乳香 (Boswellia serrata, Indian frankincense, indish incense) は、アーユルヴェーダ (Ayurvedic)のハーブで、抗炎症作用や関節炎の緩和が示唆されており、脳浮腫への治療効果についても検証が行われている植物で、欧州では医薬品として分類されているものもあります。

当サイトの評価ユーザーの評価 (0)
ジョティスマーティ(知恵の樹)の効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

 ジョティスマーティ[Jyothismati, Celastrus paniculatus]は「知恵の樹」を意味する植物で、インドのアーユルベーダで種子が認知機能の改善に使用されます。予備的なエビデンスによると、強力な腸の弛緩剤であることも示唆されていますが、それぞれの効果に対する科学的な検証は不足しています。

当サイトの評価ユーザーの評価 (0)
フサヒルガオ[Convolvulus pluricaulis]の効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

ヒルガオpluricaulisはでShankhapushpiと呼ばれる4つのハーブの一つであるアーユルヴェーダ 、そして伝統的に認知promitingとするために使用されている向知性効果。動物で効果があるようです。

当サイトの評価ユーザーの評価 (0)
効果は不安定?D-セリンの効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

D-セリンは、認知力の向上や統合失調症の治療に効果が示唆されているアミノ酸です。血液中に安定して到達することが難しいため、効果の信頼性が低くなっています。

当サイトの評価ユーザーの評価 (0)
ダークセラピー (Dark Therapy) の効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

暗闇の中で吸血鬼のように隠れて、 メラトニンの夜間のヒットを求めています。ダークセラピーは、睡眠に近い光源を除去し、青色または蛍光光源を暗赤色またはピンク色の光源に交換するという段階的なプロセスです。ユーモラスなオレンジ色のサングラスを使用することができます。

当サイトの評価ユーザーの評価 (0)
リュウガン(龍眼、Dimocarpus longan、Euphoria Longan) の効果・副作用の科学的レビュー・口コミ

Dimocarpus Longan (ドラゴンアイまたはユーフォリア)は、薬効が限られている果物です。それは独特の組成を有するようには見えないが、抽出物は非常に神経保護的であるようであり、認知を高めるかもしれありません。

©効果副作用.com All rights reserved.